乾燥レスキュー隊

乾燥対策でお肌の調子を上げよう

2014-10-10

冬は乾燥が気になる季節です。特に日本の冬は、湿度が低くなり、更に暖房などにより空気がとても乾燥します。
空気が乾燥するお肌がカサついたり、かゆみがでてくる方の多いではないでしょうか。健康な肌は、表面の角質層に水分を十分に蓄えており、その奥の皮膚細胞を守っています。空気が乾燥する季節は、角質層が水分不足でめくれあがり、細胞の隙間を埋める脂質が不足することでお肌はとても刺激を受けやすい状態となります。
冬は湿度がもともと低いのに加え、エアコン等の暖房を使って外気を温めるので、さらに乾燥が進みます。美肌の為にも、風邪の予防にもなる加湿器を上手に使って、適切な湿度を保ちましょう。部屋の最適な湿度は40~70%と言われています。
また、熱いお風呂は少なくなっている貴重な脂質を流してしまいます。37~40℃のぬるめのお湯にゆっくり長く入ることで、皮脂を落とすことなく、血行を良くすることが出来ます。特に乾燥する冬はしっかり保湿を行いましょう。お風呂上りには、ボディクリームなどをたっぷり塗る様に心がけましょう。併せてマッサージを行うことで、むくみも取れてすっきりします。

過去のお知らせ

Copyright© 2014 乾燥レスキュー隊 All Rights Reserved.